読書とプログラミングを中心とした覚書ブログ

読書とプログラミングについて、日々経験したことを忘れないようにするため、極力ブログに記録を残すように頑張る。

登山者数世界一の高尾山に安く登る

 公開日   

 

background-219668-2

前回の初登山が昨年10月3日の登山の日でした
この日はなんの準備もせず、気がつけばかけ上がっている状態でしたが、本日冷静になって検索をかけてみたところ、割引料金を発見してしまったので、忘れないようにメモしたいと思います。

高尾山きっぷで割引

こちらの京王線のおとくなきっぷページに紹介されている高尾山きっぷを購入することで電車と高尾山リフトが利用でき、2割引が適用されます。
大人も子供も、また、リフトとして片道だろうとも往復だろうとも一律して2割引なんです。
つまり、どの旅程プランだろうとも条件がおなじなので、利用しない選択肢はありません。

注意点として有効期限が発行日当日のみであるため、京王線に乗るとき改札前の券売機で忘れずに高尾山きっぷとして発券しなければならないということです。
最近ではスイカカードが普及しており、残高がありさえすればカードをかざすと改札をくぐることが出来て、残高が足りなくなってもオートチャージもあって、つまり何も考えなくてもホームにいけてしまうので、うっかり割引切符の購入を忘れてしまうこともありそう。

また補足としてホームページの最後にかかれていますが、12月31日から1月3日までは発券していない点も要注意です。
初日の出を高尾山で体験しようと思った場合は、深夜最終電車で現地に向かって、夜中に登るというスタイルなので、この場合は割引は適用されず通常料金となるかと。

このへんさえ気を付ければよく、2割引はかなりお得です!
こちらの記事を書いたときは、当日のうちに持ち物として必須アイテムの存在を見せ付けられてはいたのですが、それだけに留まらず後からジワジワと経験のなさを痛感してしまうとは・・・。
出発前には十分な下調べが必要ということなんですね。

レスポンシブ広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

宇宙博2014に行ってきた

  最近個人的に注目している宇宙開発。 2013年度は宇宙兄弟コミック …

世界一の登山者数を誇るという高尾山へ日帰り初挑戦

今日はとてもよい天気だったので、秋のレジャーとして混みあってないスポットを目指し …

登山者数世界一の高尾山に安く登る