読書とプログラミングを中心とした覚書ブログ

読書とプログラミングについて、日々経験したことを忘れないようにするため、極力ブログに記録を残すように頑張る。

ブルーフレームストーブの芯の手入れ

 公開日   

 

dolls-kitchen-546966-2

我が家で愛用しているAladdinのブルーフレームストーブは、芯の手入れをしないと長く使えなくなるということがわかりました。
しかしながら公式ページを見てみると、芯の手入れよりも、まず芯の交換についてのページが先にヒットしてしまいます。

まだまだ使えるのに、判断を誤って芯の交換をしてしまいがちだったので、来年以降も忘れないようメモを残したいと思います。

ブルーフレームストーブの特徴

我が家ではAladdinのブルーフレームストーブを使っています。
このストーブ、燃焼部分に自動で着火する仕掛けはなく、ライターやマッチで手作業にて着火するというシンプルな仕組み。
しかも炎の調整もつまみをグルグル回すという、アナログ感満載。

見た感じ田舎の小学校にあるやつ、とか、田舎の駅にあるやつ、これをミニサイズにした感じ。

アナログなデザインが気に入ってるっていうのが最大のメリットなので、そのためタンク容量が小さめでこまめに給油しないといけないとか、円筒形故に持ち運びにくい、などの使い勝手を犠牲にせざるを得ないという割り切りが必要になっています。

燃焼時に芯に異常が出始める

「06年製」のラベルが貼ってあり、9年使っていることになります。

最近になって燃焼する芯部分がススだらけなのか、正しい青色の炎になりにくく、黄色がかった炎が出ています。
アナログなデザインだからと、期待した動きでないことに全くと言っていいほど違和感を感じてませんでした。
しかもストーブは日々使うわけではなく、とても寒い日にだけ活用すれば良いので、時々気になるという程度であることが余計に優先順位を下げる要因にもなってました。

しかし、さすがにもうすぐ10年だし、そろそろこの芯を何とかしないと行けないと、重い腰を上げることにしました。
そろそろ芯の寿命によって交換しないといけないのかと調べてみたところ、どうやら芯は交換するだけでなく手入れをすることで延命できるということがわかりました。

公式ページでの芯の手入れ手順

公式ページによると、Q&Aとして紹介されています。

トップから見ていくと、真っ先に芯の交換に行ってしまうので、交換しないといけないのかと誤認してしまい、まだまだ使えるのに新品を購入してしまうところでした

動画で手順を確認

公式ページの芯の手入れは図入りで書いてあるものの、普段見慣れていない用語で説明されているということもあってかわかりにくい箇所がいくつかありました。
そこでもう少し調べてみると、やっぱりあった紹介動画!
しかも、みんなやっているのか、かなりのリソースがヒットします。

これだけ紹介されていたので自信を持って出来ました。最初にヒットした2点を紹介。
購入時についていたアイテム、これってクリーナーだったんですね、もしかして気付かずに捨てていたかもしれません。

いかがだったでしょうか?
動画を見てすごく簡単にできそうだったのでやる気につながり、実際にやってみて本当に短時間にあのブルーフレームが復活しました。
これなら毎年やってもいいと思ってます。
百聞は一見に如かずとはまさにこの事なんでしょう。

レスポンシブ広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

VAIO Z ゲット!! ノートPC購入の動機をメモ

自宅にデスクトップPCはあるのだけど、いろいろと不満があって、数年前からずっとほ …

サイト移転&独自ドメインをゲット

  サイト移転の経緯 今年の初夏にラクサバにてサイトを設置していたので …

久しぶりのノコギリ作業でもコイツがあれば美しい90度が手に入った!

10年ぐらい前に買ったソーガイド(=コイツ)を発掘して、久しぶりに木材の90度カ …

灯油ポリタンクの処分と買い替えを調査

去年の今頃は、ブルーフレームストーブの芯を掃除してました。 芯を掃除した後の最良 …

My Sony IDへのVAIO購入履歴の登録が失敗する場合の正しい対処

先月購入したVAIOは店頭での「VAIO OWNER MADE」という注文方法で …

充電池の寿命を引き伸ばすための使い方を整理

最近の私生活で、充電池(バッテリーやエネループなど)が大活躍しているのですが、先 …

ブルーフレームストーブの芯の手入れ