読書とプログラミングを中心とした覚書ブログ

読書とプログラミングについて、日々経験したことを忘れないようにするため、極力ブログに記録を残すように頑張る。

天体の回転について

 公開日     更新日  2014/10/16

alejandroescamilla-book-2

ネットで人気のあるSF小説の短篇集を読んでみました。
表紙の萌え絵と内容とのギャップがあるとしても有名なようです。

内容は次の8作品。

  1. 天体の回転について
  2. 灰色の車輪
  3. あの日
  4. 性交体験者
  5. 銀の舟
  6. 三00万
  7. 盗まれた昨日
  8. 時空争奪

どれもSFとしての作品性はバラエティに富んでいて、元となるネタも
様々な方面のものを参考にされているようで、飽きることなく最後まで面白く
読ませていただきました。

ただし、「天体の回転について」「銀の舟」「時空争奪」を除く五作品には
暴力的な描写があるため、疲れきっている時に読むと目眩がするので
元気なときに読むことをおすすめします。

レスポンシブ広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

果しなき流れの果に

ちょっと前に読んだBEATLESSで、その存在を知ったSFマガジンにて掲載されて …

My Humanity

今年最後の読書。 今回もSFから1冊、以前読んだBEATLESSの著者による別作 …

あなたのための物語

  久しぶりにSF小説を読破。 前回2014年最後として『My Hum …

BEATLESS

つい最近SFマガジンという雑誌の存在を知りました。 結構古くからある雑誌らしく驚 …

ソラリス

スタニスワフ・レムの代表作ソラリスを読みました。 この作品も、以前より存在を知っ …

天体の回転について