読書とプログラミングを中心とした覚書ブログ

読書とプログラミングについて、日々経験したことを忘れないようにするため、極力ブログに記録を残すように頑張る。

JavaScriptプログラマのための 実践的TypeScript入門

 公開日     更新日  2014/10/03

   

book-67049-2

TypeScriptというキーワードだけ聞いていて、どういうものかさっぱり理解していなかったので、理解を深めるために本書を読んでみました。

TypeScriptについて

TypeScriptについての特長を並べると以下にある感じ。

  • Microsoftから提案された
  • JavaScriptに替わるブラウザ上で動作するクライアントサイドの言語
  • 2014年4月にバージョン1.0がリリースされたばかり
  • オープンソースで開発される言語

結局TypeScriptって今はMicrosoft主体の模様

きちんと読んだわけではないのですが、本書では開発環境としてVisual Studioを使った内容で紹介されています。
動作確認には、Microsoftなので当然IEを使っているようです。

TypeScriptのサイトではNode.jsを使った構築方法も紹介されていますが、まずは開発環境からでしょう。
私は普段EclipseとChromeを使っているため、残念ながら開発環境も動作確認でもすぐに試すことが出来ませんでした・・・。

Eclipseの人はどうすれば・・・

書籍では紹介されてませんが、EclipseユーザもTypeScriptを体験できるプラグインがあるようです。
Googleで検索すると以下がヒットしました。

TypeScriptはオープンソースと謳っているので、将来もっと多くのEclipse連携が進むと思いますので、学習するのであれば、もう少しリソースが充実してから始めたほうが無難な気がしました。

そもそも、Eclipseでの開発ってJavaなので、クライアントサイドの開発をするにあたっては、TypeScript以前にまずJavascriptの開発環境も整備しないといけなかったと気が付きました。

レスポンシブ広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

  関連記事

AngularJS アプリケーション開発ガイド

最近のJavaScript開発としてAngularJSをはじめるために開発ガイド …

Web制作者のためのSassの教科書

STINGERテンプレートで以前より気になっていたCSSファイルを見直そうと思い …

HTML5 HACKS

  目的はHTML5の可能性を追求 この書籍を手にとったそもそものきっ …

現場でかならず使われている jQueryデザインのメソッド

jQueryとは jQueryは簡単に言うと、導入することで次のような利点のある …

JavaScriptプログラマのための 実践的TypeScript入門